Now Loading...

loading...

塩屋11代目のひとり言

骨董市で、 なんと塩屋のお醤油差し発見w

2018年11月15日 ひとり言, 塩屋にあるちょっと古いもの, 明治の気骨

11月10日、11日の骨董市で、
なんと塩屋のお醤油差し発見w
徳利はアチコチの骨董屋さんでみかけるのですが・・・。
このお醤油差し・・。
明治の頃のモノ。朝顔をあしらってお品がよろしい…
塩屋にも数点しか残っておりません。
即買い戻しました。
大事に保管されていた様で、傷も無い完品。
お里帰りですね・・。
おかえりなさいw

堀直虎公遺臣「市川節造」

2018年11月6日 古書, 塩屋にあるちょっと古いもの

塩屋に伝わる古文書から明らかになった幕末のお話です。
須坂藩13代藩主「堀直虎公」・・。
昨年の大河ドラマの余波もあって、だいぶ有名になりました。
没後150周年ということで、様々なイベントが開催され、顕彰されました。
一方、その影で、直虎公の遺志を守り数奇な人生をたどった遺臣のお話は余り知られておりません。

(以下、長文になります。一部不快に思われる表現があります。)

堀直虎公遺臣「市川節造」
若年寄堀直虎公が江戸城で将軍にナニカを換言して城中で自刃したのは皆さんご存知かと・・。
その後、須坂藩は新政府よりに立場を変えていくわけですが・・。
亡き殿のご遺志と違うということで、藩の方針に従わなかったのが、
江戸詰めの最側近、中野五郎太夫(代々側用人の一族)、竹中清之丞、市川節造。
三人とも死罪を言い渡される訳ですが、一番身分が低くて若かった市川だけ脱藩。処刑された同志から遺志を守り、伝えることを託されたのか・・、活動を開始します。
まず、上野彰義隊に入隊し新政府軍と交戦、敗走後、各地を転戦して奥州に潜行。謹慎中の慶喜に会おうと水戸城に赴くも果たせず。ひそかに江戸に戻ったところを捕縛されます。
亀戸の旧藩邸の牢獄にて切腹を命じられるも、宿志を遂げていないということで脱獄。
どこから?
なんと厠の・・・。
主君の為、同志の為に生きなければならない使命感は凄まじいモノがありますね。
その後、亡き殿の遺志を伝えようとチラシを印刷して須坂藩内に撒布。中野・竹中、そして彰義隊他賊軍として亡くなった仲間の供養塔を建設等々、全国で活動。
父親が人質に取られたため、自首して禁固二年。釈放されてからも活動は続き、
その様子は明治26年の「信濃毎日新聞」の記事にも掲載されるほどでした。
脱出後、市川が好んで使った肩書きは「圊脱居士」「圊厠・・」・・。
誰もが想定しなかった場所から脱出、そのまさかをやってのけた事は彼自身の誇りだったのかもしれません。
※圊、厠(両方トイレのことです)
※直虎公の自刃した当日の最後の書を所持していたのは市川節造。当日、刀番として江戸城にお供していたのも市川と思われます。
塩屋に伝わる未公開だった古文書(中野家文書、前述の中野五郎大夫一族。塩屋の親戚です)をもとに地元の郷土史家が「市川節造」について寄稿されています。
詳細は「郷土史研究会発刊 須高86号」をごらんください。

ワインの木箱

2018年3月3日 ひとり言, 塩屋にあるちょっと古いもの

塩屋の事務室でガラクタを放り込んでいたワインの木箱。
私がサラリーマン時代にいただいて以来、愛用しております。

塩屋の木ダルもお客様に大事にしていただけたら嬉しいですね。

ちなみに…現在このワインをしっかりしたワインショップで箱買い(もちろん中身付き)すると…。
二箱で180万位するようですw

一升瓶用布袋

2018年2月16日 ひとり言, 塩屋にあるちょっと古いもの, 広告・宣伝物, 昭和レトロ

塩屋にある古いモノ
一升瓶用布袋…
トート地に頑丈な底板が付いて、二本ぴったり入ります。
これ使ってお買い物に来るお客さん、昔は結構いらっしゃいました。
そのうち…復刻しようかと思っております。

#味噌 #みそ #miso #ミソ #塩屋醸造 #有形文化財 #伝統 #文化 #長野 #須坂 #蔵 #蔵見学 #塩屋 #うまみ #玉造 #創業約300年

秋の観光シーズン休まず営業いたします

2017年9月15日 塩屋からのお知らせ, 塩屋にあるちょっと古いもの

信州も秋めいてきました。秋の観光シーズンですね。
ということで・・。塩屋にある古いモノ
「長野電車名勝案内」
河東鉄道改称 長野鉄道株式会社
大正15年

現在の路線とは結構違ってます。
平成になって相次いで廃線になった木島線、屋代線があるのはもちろん・・。
長野線の始発が「権堂」・・。
湯田中線の終点が「湯田中」ではなく、「渋安代」・・
湯田中の先に「遊園地前」なんて駅がありますね。
延伸計画があって先を見越して記載したところ、頓挫したようですね(笑)

秋の観光シーズン休まず営業いたします。

塩屋特製風呂敷

2017年9月11日 塩屋にあるちょっと古いもの

お隣の某市の古民家を片付けていたら、出てきた・・。
ということで、いただきました。
塩屋特製風呂敷(たぶん大正期)と徳利・・。

特に風呂敷は我が家にも残っていなかった新色・・というか、見たことが無かったモノ。
ロゴも若干違います。新発見につき、かなり嬉しい訳であります。

信州北部、略して北信で昔はかなり流通していたようで・・。
徳利は結構お持込いただきます。骨董屋さんでも売られている(笑)

皆様も発見したら、是非ご一報っを・・。
粗品進呈いたしマス。

しかしまあ・・、先祖も派手な色チョイスしましたねぇ~

 

 

須坂藩12代藩主の密書

2017年7月13日 塩屋にあるちょっと古いもの

我が家に伝わる、須坂藩12代藩主 堀直武公の密書。
5月投稿したFBのコメントのやりとりで、内容について・・
「金貸してくれ~だったら笑えますねw」・・。
なんて冗談をいっていたのですが・・。

市立博物館さんで解読していただいたところ・・。
ホントに「金貸してくれ・・」でした(笑)
幕末はどこの藩も火の車でしたからね・・。

その他、二通のヒ・ミ・ツのお手紙も興味深い内容。
(こちらは、お金の無心ではありません)
須坂市立博物館さんの9月企画展で公開予定です

お殿様の書き初め

2017年5月30日 塩屋にあるちょっと古いもの

塩屋に残る幕末の資料三点です。(お殿様の書初め含む)

須坂藩13代藩主 堀直虎公の書です。

珠樹鶴群長く遶る夜
仙茎玉掌静かに融る春
戊午元旦試筆 直虎

元旦試筆・・要するにお殿様の書初めですね・・。
おめでたい内容です。

画像二枚目からの内容が結構深い・・。

五言二句 対幅
己を直くして以て上に事え、
力を竭して以て公に徇う。
九如斎

真っ直ぐな気持ちでお上にお仕えし、
力を尽くして公的な利益に従う。
堀直虎(号九如斎)

六言二句
忠正なるものは多く意に忤い、
邪佞なる者は多く旨に順う。
安政丙辰暮秋重陽後一日、
藤直虎書

正しい忠義に生きる者は、
多くは君主の意見に逆らうものであり、
不正な心でおもねる者は、
多くは君主の意見に素直に従うものである。
安政三(1856)年9月10日、
堀直虎 書(21歳)

直虎公の信条だったのでしょう・・。
鳥羽伏見の戦いで逃げ帰った将軍慶喜にナニカを諫言して、江戸城中で割腹自刃した殿様の・・幕府を思う、真っ直ぐなお人柄が偲ばれますね・・。
現在、田中本家博物館さんで展示中、是非ご覧ください。

 

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

塩屋醸造 オンラインショップ

塩屋醸造の公式オンラインショップです。
ネット限定のお得な商品などもご購入いただけます。

小田急 オンラインショップ

塩屋醸造の商品を取り扱う小田急オンラインショップです。

JR東海 オンラインショップ

塩屋醸造の商品を取り扱うJR東海オンラインショップです。

商品・みそ蔵見学についてなどお気軽にお問い合わせ下さい