お米の安曇野契約栽培拡大します。

aduminotaue

安曇野の田植え風景でございます。
今年から、お米の契約栽培が拡大・・。
年末の仕込み分より、お米もすべて安曇野産契約栽培米になります。
定番のお味噌の原料(お塩を除く・・)はすべて安曇野契約栽培モノになる予定・・。

ということで・・。
本日は安曇野にて、関係の皆様と打ち合わせ・・。
以前より、積み重ねていたお米の話はそぞろに・・。

もっぱら・・話題の中心は大豆に・・。
昨年の不作の影響で・・国産大豆が大変なことになっている訳でありマス。
品不足で価格高騰、ほとんど投機的・・。
推察するに・・。
「国産大豆100%」を謳っているトコロはモノの確保だけでも、ホント大変だと思います。

手前どもはおかげさまで・・。
契約栽培のおかげさま・・・。

モノは、
充分に確保。
買値は・・、
(相場に一部連動させている契約上)
だいぶ上がりましたが・・市場価格に比べたら可愛いもの・・。

打ち合わせ中も、馴染みの原料商社さん・・
携帯鳴りっぱなし。
ため息をつきながら曰く、
「お世話になっているお得意先なら、モノは何が何でも確保するけど・・」

相見積もりとって、安い業者からさらに買い叩く・・。
こうゆう仕入れをしていたトコロは・・
こうゆう時、弱い・・・。

仕入れ先と共存共栄・・。
ヌルイと言われつつ・・。
ジェントルなお付き合いをしていたから契約栽培につながった訳で・・。
いままでの姿勢が身を結んだような気がして、ちょっと嬉しい今日この頃・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*