カテゴリー別アーカイブ: JAあずみ契約栽培農場

大豆の発芽です。

安曇野の契約栽培農場・・。 今年もお豆ちゃん達が顔を出し始めました。 今年はカラ梅雨で・・、播種もだいぶ遅れたみたいですが。 まあ、これで一安心・・・。

今年からスタートのお米の契約栽培・・。 畑はカラカラでも、水路にはお水の超豊富な安曇野・・恐るべし・・。 水田は順調順調・・。 ちなみに・・・。 手前が契約栽培畑、奥の緑が契約栽培水田・・・。 今年はたまたま、お隣・・・。 写真が一枚ですんで・・とっても便利な訳でありマス。


お米の契約栽培がはじまりました。

北アルプス常念岳に、 とっくりを手にしたお坊さん「常念坊」の雪形がでると・・。 安曇野は田植えの季節でございます。 ということで・・・。 大豆に続き・・・ 今年から、味噌原料米も「JAあづみ」さんとの契約栽培開始でございます。 安曇野産コシヒカリ・・。 超ブランド米の産地「安曇野」・・。 こんな零細家業がお付き合いいただけるのは光栄至極・・。 いいモノを造らないと・・・。 あらためて責任を感じる今日この頃・・・・。


JAあずみ契約栽培農場

昨月お邪魔した時に播かれたお豆ちゃんたち・・。 元気に成長しておりました。

小口さんの畑デス。 等間隔に一直線・・・。 すごいと思いませんか? トラクターの運転技術もスゴイですけどね・・。 コノ間隔にも意味がある・・・。 播種から収穫まで作物の成長と作業効率・・・。 すべて計算されている訳でございます。 仕事に対する真摯な姿勢も含めて・・。 味噌屋としても、 とっても勉強になりますね。 文字通り畑・・違いですけどね・・。


塩屋契約栽培農場 大豆の種まき

JAあづみ契約栽培農場(3箇所)にお邪魔してきました。 望月さんチでは・・。 大豆の播種(種まきのコト)が始まりまして・・。 お豆ちゃん・・5CM位に成長・・ 今秋の収穫が楽しみですね。 近くの小口さんチの圃場(田畑のコト)では昨冬播いた麦の刈り取り作業・・。

コチラは麦の刈り取り後に大豆の播種・・。 種まきのお隣で収穫・・。 二毛作のできる安曇野だけで見られる風景ですね。 画像だけ見ると秋・・ですが・。 ちゃんと本日撮影した光景な訳でございます。 念のタメ・・・・。


「あづみ大豆の会」

昨晩は安曇野でお泊り・・。 契約栽培農家さんと忘年会でございます。 JAあづみさんに契約栽培をお願いしている業者で、 「あづみ大豆の会」ってのがございまして・・。 生産者、メーカー・・圃場視察に懇親会・・。 定期的に交流させていただいておりマス。 大豆つながりの業者ですからね・・。 豆腐屋さん・納豆屋さん・味噌屋・・。 大豆選別後の大粒・中粒は豆腐・味噌に、 小粒は納豆屋さんに・・。 うまいこと捌ける訳でございます。 栽培者・メーカー間の情報交換もさることながら・・。 お互いの顔がわかる・・ってのがいいですね・・。 仕込みの度に、農家の皆さんのお顔がうかんで・・ 手は抜けませんね・・。 農家さんも・・・。 「○○社契約栽培農場」って看板(当ブログでも再三出てくるアレ・・・)が 自分の圃場に立っているのは・・結構なプレッシャーなんだそうで・・。 お気持ちお察しいたします。


原料大豆

えのき味噌品切れにつき、大変ご迷惑をおかけいたしております。 謹んでお詫び申しあげます。 本日も予定を前倒しして、仕込み作業でございます。 午後は原料大豆の早期確保、ということで・・。 安曇野市へ、JAあづみさんの契約栽培農場を巡回してご挨拶。 えのき味噌を含む、塩屋定番のお味噌は基本的に、すべてこちらの大豆・・。 玉が無い鉄砲は撃てない訳でございます。 作柄拝見(例年通りの作柄で安心・・)と 例年よりちょっと・・多めの納入をお願いして参りました。

今回お邪魔したうちの二箇所です。 葉っぱにご注目、種まきの時期と標高で、これだけ違うんですね・・。 11月上旬から、中旬にかけて収穫作業。 下段は私です。生産者の方ではありません。 似合いすぎ・・と言われました。


塩屋契約栽培農場 JAあづみ横沢地区

塩屋契約栽培農場にお邪魔してまいりました・・。

発芽した大豆の傍らには・・麦わら・・。 麦を刈り取った後・・。 要するに・・ 二毛作ということですね。 二毛作って・・。 はるか南方で・・というイメージですが・・。 安曇野では可能、というかアタリマエ・・。 地味豊、雪少なし・・ なによりも・・ 日照時間の長さが日本有数・・。 ほんとに・・「おひさま」な訳でございます。 ちなみに・・ この看板・・・毎年場所が変わりマス。 昨年、設置したトコロは・・ 今年は水田・・。 「麦・大豆」→「米」→「麦・大豆」のローテーション。 連作障害を回避しております・・・。 タダ単に撒けばいいってもんじゃないんですねぇ~。


JAあづみ 大豆選別作業

コンバインで刈り取られて・・脱穀された大豆です。

これから選別される訳ですが・・。

JAあづみさんの・・大豆選別場です・・。 何層もの選別機で割れ豆・異物・病気等々を除去・・。 小粒から大粒に自動選別でございます・・。 設備もきちんと整備されていて清潔・・。 こういうトコロは・・仕事も確実・・・。 地元でお願いしてた大豆は・・。 手動・・。 ヒトそれぞれ・・アウト、セーフの基準が違う・・。 おまけに・・めんどくさくなるから・・ 後にいくほど甘くなる・・。 かなり返品しました・・。 機械は冷静沈着・・。 すばらしい・・・・。 機械化が進むと・・ 作業が雑になるイメージもあるかもしれませんが・・。 極力省力化して・・本来手間を惜しんではいけない・・ 栽培管理に注力・・・。 結果的に収量も品質も日本有数ですもんね・・。 遊休農地を利用して・・大豆栽培・・ よく聞きますし・・実際お問い合わせもおおいのですが・・。 足踏み脱穀機やトウミ・・。 一枚目の写真の状態まで・・。 手動でヤル場合(実際に8年ほど前にやりました)は・・ ここまでで・・かなり・・体力を消耗・・。 延々と続く手作業の選別を通して・・。 二度と大豆は作るまい・・・と皆さん誓う訳であります。


JAあづみ 大豆収穫作業

JAあづみ・・小口さんの農場・・ 大豆の刈り取りでございます。 この大型コンバインが・・ この時期、フル回転・・。 小口さん管理の畑では今年最後の作業です。

最後の列・・。 コンバインの幅とドンピシャ・・・。 これって・・すごいと思いませんか・・。 運転技術もすごいですけど・・・。 雑草が生えづらくなる幅で・・。 何往復で刈り取れる・・・。 圃場管理までふくめて・・。 種まきから・・・。 全部計算されている・・ということです・・。 ウネが等間隔で一直線に並ぶ様は・・壮観・・・。 農業は幾何学・・な訳であります。


塩屋契約栽培農場

収穫作業・・・真っ最中の・・。 JAあづみ、契約栽培の大豆畑にお邪魔してまいりました・・。 大雨の中・・。 「塩屋契約栽培農場」の看板設置作業でございます。 3ヶ所設置の予定でしたが・・。 雨と余りの寒さで・・他は・・断念・・。

生産者の川上さんと・・。 寒さに震える私でございます。 川上様・・。 「JAあづみ」の一志課長様・・ありがとうございました。